ブログ

タミヤ 1/24 ポルシェ956 PORSCHE956 製作記 その13

ポルシェ956のリアの足回りのパーツが出揃いました。手直しした部品の一覧です。

いくつか市販のエッチングパーツを使用しています。
 
さて、塗装を始めます。
ミッションケースは、Mr.カラーのスーパーチタンで塗ります。

クラッチハウジングとエンジンフレームに連結されるアーム状の部分は、シルバーで塗ります。

スミ入れとドライブラシで立体感を強調します。

処理前

処理後

ショックアブソーバーはシルバーで下塗りしたあと、クリアーブラックを吹き付けています。メタリックシルバーまたはガンメタルの単色仕上げとひと味違う感じになります。

リアサスペンションを組み付ける。

アップライトはショックアブソーバーと同様に下地にシルバーを塗る。このときシルバーの希釈を若干濃くすると、塗装面がザラついて鋳肌の表現ができる。実物の製造工程を考慮して塗り方を変えると効果的です。

次に水性アクリルのジャーマングレーをだいぶ薄くした状態で下地のシルバーが透けるように吹き付けます。すると、シルバーの下地がわずかに残りつつ表面がくすんだ色合いになります。

スミ入れとドライブラシを施せばより効果的です。

仮組みする。

シャシーにマウントする。

 
次回も引き続き足回りの塗装と組み立てをします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る