ブログ

タミヤ 1/24 ポルシェ956 PORSCHE956 製作記 その18

ポルシェ956のコックピットの製作を続けます。今回で車体内部は完成です。
ドライバーズシートとシートベルトです。シートベルトは市販のセットを使っています。ポルシェ956では「AUTOFLUG」社のものが使われています。当時の写真を資料にしました。ただ、胸部しか写っておらず、バックル部はセット付属のものをそのまま使いました。ここらへんの資料はなかなか見つかりません・・・

シフトレバーも若干見劣りがするので、作り直します。

コックピットとエンジンを合体させます。

車体に搭載する。やはり覗き込まないと見えないですね。

 
 
ファクトリーチームのマシンは、1983年のレースで2位となったイクス・ベル組の956#005号車を予定しています。

ヨーストレーシングのマシンは、1984年のレースで優勝したペスカローロ・ルートヴィヒ組の956#117号車です。

 
ツーショットです。

 
次回は、ノーズカウルを一部手直しします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る