ブログ

タミヤ 1/24 ポルシェ956 PORSCHE956 製作記 その25

さて、今回はボディワークのリヤカウル組み立てです。
ここもいくつかのディテールについて省略されているのでそれらを追加していきます。
 
まず、カウルの下部にあたるパーツに手を加えます。このパーツは接着しろが少なくて完成後も強度に不安があります。加えてホイールアーチインナーが途中で切れてしまっています。この状態では、見ようによってカウル後端から背景が覗いてしまいます。・・・これは言われなければ気づかないような部分ですが、リヤタイヤ越しにわずかに覗く不自然さが気になって仕方ありません。リヤカウルの強度を上げると同時にここも修正します。
 
最初に途中で切れてしまっているホイールアーチインナーを切り取ってしまいます。

次に仕切り板を内側に追加して、補強と同時に目隠しをしてしまいます。

これにホイールアーチインナーを加えれば完全に塞ぐことができます。
 
一足飛びですが、追加パーツが揃いました。

組みつけてみる。

前の投稿の画像からほとんど変化が無いように見えますが、作業した本人はこれで結構満足しています・・・完全に自己満足ですね。
そこで、ちょっとしたアクセントを付けるためにホイールカバーにデカールを貼りました。このデカールは自作したもので、残念ながらまだ試作段階です。ホイールカバーを作り直した結果、キット付属のものはサイズが合わず使えません。なんとか満足いくものに仕上げたいと考えています。
 
次回から、いよいよペイントワークに入ります。(だいぶ久しぶりなので、少々不安です・・・)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る