ブログ

タミヤ 1/24 ポルシェ962C PORSCHE962C 製作記 その1

こんにちは。claymodelsです。
 
製作記の第2弾はポルシェ962Cです。
1988年ル・マン24時間レースに登場したポルシェファクトリー最後の962Cで、前年までのロスマンズカラーからシェル・ダンロップカラーに変更されました。さらに車体にもいくつか変更された箇所があります。今回はこれらを可能なかぎり再現していきたいと思います。
My next project is Porsche 962C. 1988 Le mans.

 
まず、このキットのボディはご存知の通りRCカー”TamTech”のものが流用されていて、いくつかの問題点があります。さらにこの車体はスプリントレース仕様のボディカウルで、まずフロントおよびリアカウルを交換する必要があります。
This kit body is “TamTech” carryover parts. Shape has some problems.
 
フロントカウルを交換することによってヘッドライトまわりの問題を解決することができます。

次にフロントフェンダーからコックピット脇にかけてかさ上げされていて平面的です。これはもともとRCのメカを搭載するための処置と思われます。88年型の962Cは従来型よりさらに低くなっているので、より一層目立ってしまいます。

実車の画像

 
新たに製作した部品です。
I made some parts newly.

 
ボディを分割します。
The original body is divided.

溝の浅い部分はあらかじめヤスリで当たりを付けるといいでしょう。

完了。

 
部品を付け直します。
Reattach the these parts.


 
この先どのように製作するか決めていない部分も多々ありますが、とりあえずスタートです!
Project get underway.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る