ブログ

1/24 ポルシェ956 PORSCHE956 SWAP SHOP 製作記 その1

皆様、あけましておめでとうございます。

前回の更新から約半年、大変ご無沙汰いたしました。
それまでの間、962Cは少しずつではありますが進行してはおります。ですが、これはかなりの長期戦となりそうで、これにかかりきりとなるとモチベーションが下がってしまいそうです。(事実、下がりまくってます。)

そこで、新年を迎えて心機一転、新たなプロジェクトを開始したいと思います!!
 
 
 
といっても、再びポルシェ956の製作です・・・
 
 
 
またかと思われるかもしれませんが、claymodelsではこれまでにエンジンアップグレードパーツ、ホイールカバー・ブレーキセット、ギアボックス・リアサスペンションパーツと製品化してきましたが、まだいくつかのパーツの発売を予定しております。今回はその原型の製作を兼ねて新たに1台製作しようというわけです。

新製品についてはこの製作記で追々ご紹介していきたいと考えています。ご期待ください!(一応962Cも続けますよ~)

さて、お題は、数ある956の中でひときわ異彩を放つブラック&オレンジの「SWAP SHOP」カラーのマシンです。このマシン(956-103号車)は1984年のル・マン24時間レースで2位入賞しました。
とくに理由があるわけではないのですが、キットオリジナルのデカールはすでに使い物にならず、あまり作例を見かけないカラーリングもいいかなと思い選びました。

Le Mans 24 Hours, 13-17 June, 1984
Jean Rondeau/John Paul Jnr.

 
 
もちろんclaymodelsのパーツを使います。

 
このキットは30年モノ。オリジナルのデカールはすでに賞味期限切れです。そこで別売りデカールを用意しました。956キットの良いところはいろんなカラーで製作できるところです!

 
なかなかカッコいいですね!

 
今回の製作では、claymodelsのアップグレードパーツを使ったディテールアップに加えてエンジンの配線・配管など、できる限り詳しく書いていきたいと思います。

前回ほど時間は要さないとは思いますが、最後までお付き合いいただけますようお願いいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る